新着情報

  • MC/MMカートリッジ対応フォノイコライザーアンプ【LV3-PE】発売中

    MC/MMカートリッジ対応フォノイコライザーアンプ【LV3-PE】発売中

    LV3-PEはアナログレコード再生用のフォノイコライザーアンプです。 MC/MMカートリッジを使用したアナログレコードプレーヤーの出力を本機の入力に、出力をプリアンプ、プリメインアンプ等のLine(AUX)端子に接続することで、高音質なアナログレコードの魅力をお楽しみいただけます。

    さらに詳しく

  • マルツのオーディオ専門サイトOPEN

    マルツのオーディオ専門サイトOPEN

    マルツエレックのオーディオ専門サイト【marutsu-audio.com】がOPENしました。LinkmanのLVモジュールシリーズから、アナログオーディオ関連の機材、オーディオ用の電子部品に至るまで、マルツの選りすぐりの商品を、音作りを楽しむ皆様へお届けいたします。末永くご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

    さらに詳しく

  • オーディオアンプ選択ガイド

    オーディオアンプ選択ガイド

    目的に応じたオーディオアンプの選び方ガイドです。パソコンに入っているハイレゾを再生したいとか、アナログレコードを聴きたい場合に必要なアンプを解説しています。もちろん自分で製作するアンプだけをチョイスしてあります。いろいろなアンプにチャレンジしてください。

    さらに詳しく

  • RCAケーブルの製作

    RCAケーブルの製作

    RCAプラグとシールド線を使ってRCAケーブルを製作する方法を紹介します。自分でハンダ付けを行えば高音質なケーブルを低予算で作成できます。長さもオーディオ機器に自由に合わせることができますので、最短で接続することにより、高音質で配線もすっきりさせる事ができます。

    さらに詳しく

  • 【LV Power Report 06】

    【LV Power Report 06】

    さまざまなメーカーから DAC(Digital to Analog Converter)チップが登場しています。どれも一緒のように思いますが、実はメーカーによって、チップによって特性が異なります。
    LV-2.0 Premium は PCM1795 を採用しています。PCM1795 は設定によって特性が変わります。LV-2.0 Premium ではメニューで PCM1795 の設定を変更できます。設定を変更して聞き比べてみてはいかがでしょう。

    さらに詳しく

  • 【LV Power Report 05 】

    【LV Power Report 05 】

    フォノイコライザーアンプには必ずアース端子が付いています。通常は、ここにプレーヤーのアース端子を繋ぎます。繋がない場合、「ブーン」というハム音が出ます。しかし、繋ぐとハム音が出る場合も多々あります。
    これは、昔のカートリッジに多いのですが、LchまたはRchのマイナス側がカートリッジのボディに接続されている場合に、そうなることがあります。…

    さらに詳しく

  • PCM/DSDスイッチ基板キット発売開始

    PCM/DSDスイッチ基板キット発売開始

    PCM/DSDスイッチ基板キットは自作アンプへの組み込み時にLV-2.0用システム・マイコン基板(LV2-SMBM)に代わり音楽信号再生の際、USB-2.0用USB-DACモジュール(LV2-USBDACM)に入力されるリニアPCMとDSD信号を判別して、自動切換をする機能を持っています。また、PCMとDSD切替時に発生するノイズ対策を施しています。ハンダ付け作業が必要です。

    さらに詳しく

  • 春のヘッドフォン祭り2015

    春のヘッドフォン祭り2015

    ヘッドホンやオーディオアンプの展示会「春のヘッドホン祭り 2015」が、5/16(土)、5/17(日)にかけて東京・中野サンプラザで開催され、弊社もイベントに出展いたしました。

    さらに詳しく