パワーアンプ基板(完成品モジュール)

パワーアンプ基板(完成品モジュール)

パワーアンプ基板(完成品)の魅力

自励発振式D級ステレオパワーアンプです。最大出力は120W+120W (4Ω負荷時、1kHz、B=±30V、THD=10%)、 過電流保護、温度上昇監視、電源低電圧監視の保護機能を搭載しています。出力LPFは2次、4次に対応しています。 LV2.0 Premium,Basic,Miniに搭載しているモジュールです。搭載時の出力は40W+40Wになります。

パワーアンプ基板(完成品)の特長

  • 最大出力120W+120W (4Ω負荷時、1kHz、B=±30V、THD=10%)
  • 過電流保護、温度上昇監視、電源低電圧監視の保護機能を搭載しています。
  • 保護状態からの自己復帰機能も搭載しています。
  • 出力LPFは2次、4次に対応 (標準は2次)
  • 対応負荷は2~16Ω

    仕様

    形式自励発振式D級ステレオパワーアンプ
    出力電流供給能力連続5A以上
    発振周波数
    可変範囲
    350kHz~500kHz
    保護機能過電流、減電圧、加熱保護
    定格出力120W+120W(4Ω負荷時、1kHz、B=±30V、THD=10%)
    効率95%(@定格出力時、出力段のみ)
    入力
    インピーダンス
    3.3kΩ
    ゲイン+20dB
    残留ノイズ220μV(Aフィルタ)

    主要デバイス

    パワーアンプ
    モジュール
    LVX-IR4301M

    資料・技術情報

    本モジュールを使用した商品に関する説明やアドバイスを掲載しております。
    LVモジュール組み合わせ 6.パワーアンプ
    LV-2.0 シリーズ音質改善
    LV-2.0 シリーズ音質改善 その3
    MADE IN JAPAN:LV-2.0の各モジュールはすべて徹底した品質管理のもと、日本国内で製造しております。高性能・高品質を追求した生産体制を実現しています。

    BUY NOW